ホーム > 金融や経済 > 不動産 >

 物件選びのチェックポイント2

物件選びのチェックポイント2

1

価格
    -おたふく顔で人気のない場所ならば、値引き交渉可能。相談して、15%程度の値下げを交渉すべき。

2

土地
    -物件が、所有権かどうかの確認。借地や地上権であれば更に値下げが可能。

3

間取り
    -部屋を仕切る壁が、変更可能かどうかを確認。

4

総戸数
    -総戸数は30戸以上のものを選ぶようにする。少なすぎると、将来の補修、改修時に困る事がある。

5

構造
    -物件の構造は、RC鉄筋コンクリート造が一番。間違っても、鉄骨造を選択しては駄目。錆びたらおしまい。

6

管理形態
    -しっかりしたところが管理しているか、不動産屋の意見を聞くべき。

以上を確認し、目標利回りを確保できるようであれば、「購入の価値あり」。

 

参考文献

藤山勇司「サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣」実業之日本社(2003)


Copyright (C) 2004- Keisuke ABE. All Rights Reserved.